G-1NVC9RE5V5
  • 湯島界隈

  • 湯島界隈

  • リバテへの道

新着情報

なし

イベント情報

●1月29日(土)                            うみさん&たおさんのバースデーイベント開催予定
●2月01日(火)~06日(日)  旧正月イベント
●2月10日(木)~14日(火)  バレンタインイベント

リバティとは

東京都文京区湯島に2021年8月13日にオープンした屋根裏喫茶「リバティ」さん。
クラシカルなメイドカフェです。

■公式ホームページ
   なし

■公式Twitter
 https://twitter.com/LibertyCafe__
  ※最新の情報、キャストの出勤情報はこちらをご覧ください。

■営業時間
 平日:19:00-20:00
 土曜:13:00-22:00
 日・祝:13:00-22:00
 ※上記は基本営業時間だが、最新の営業時間は公式Twitterを確認。

■システム
  (単品)    
   1時間800円+1drink(400円〜)(※) 
   ※1ドリンクにはキャスドリ、店内物販、
   テイクアウト以外
 
   Or
   
  (飲み放題)
  ・飲み放題1時間2000円(ソフトドリンク、
   アルコール)

  ・飲み放題3時間5000円(ソフトドリンク、
   アルコール)
 
  ※ビール(中)は1杯につき+100円、
   ビール(大)は1杯につき+200円。
  ※キャスドリ1杯 or 500円までのおつまみ付  
  ※延長20分ごとに600円。  

※緊急事態宣言期間中は酒類の提供を停止中。

■WIFI有無
 なし

■充電可否
 不可

■クレジットカード使用可否
 使用可(VISA、Mastercard)
 

■各種QR決済、PAYPAY等
 使用不可
 ※対応予定とのこと。 

■ポイントカード有無
 あり。3種類のデザインから選択可。

■約束ごと(ルール)
①店内全席禁煙。
②自動延長制(時間管理は自己で行う)
③店内の写真は、メイドや他の客が入らなければOK
④チェキをSNSにアップする前にメイドに確認する。
⑤退店の10分前にはメイドに会計のお声がけを。
 チェキの注文は退店予定時間の20分前までに。
⑥満席時は80分制になる場合がある。

リバティ―メニュー

ソフトドリンクメニュー

最新のメニューを載せます。(公式Twitterでアップされていたもの)

アトラクションメニュー

■チェキ撮影
 ・ピン(メイド1人)
  1枚700円
  3枚は1800円。
 ・2ショット(メイドは1人、お客さん1人)
  1枚900円、
  3枚2400円。

■キャストドリンク
 メイド1人は1杯600円。
 メイド3人は各1杯づつで1500円。
 (補足)
 キャストドリンク注文時には別途、
 専用ポイントカードを発行。
 1杯注文で1pt、10ptで満了で特典と交換可能。

テイクアウトメニュー

■500円までのお好きなドリンク
 (ソフトドリンクのみ)は600円。
 ※カップにお好きなメイドがお絵描きします。

■爆弾おにぎりは600円。
 ※握るメイドの指定もできます。

■ドリンク&おにぎりセットは1000円。

(補足)
テイクアウトで専用のポイントカードを発行。
500円で1Pt、10pt満了で特典と交換可能。

リバティ店舗案内

リバティのアクセスMAP

リバティの外観

こちらがリバティさんが入居しているビル外観です。
場所はJR御徒町駅から徒歩5分、地下鉄銀座線上野広小路駅より徒歩1分です。

リバティさん入口①

リバティさんは2階にありますので、階段で上がります。

リバティ入口②

リバティさんの入居するビルの階段にリバティさんの案内が貼ってあります。

リバティの入口③

リバティさんの入り口です。なんか見たことがあるような看板ですが、デザインは素敵ですね。
コロナの感染予防による消毒、検温を行ったうえで奥のフロアに案内されます。

リバティ店内について

リバティ店内の様子

リバティの店内は、カウンター席は5席、二人掛けのテーブルは5卓、一人掛けは1卓あります。

リバティの店内はメイドさん、お客さんが入らなければ撮影は可能ですが、お客様がいたので無難な天井付近を撮影。
カウンター席から上を見上げて正面の棚と照明を撮りました。

カウンターに吊り下げられたオブジェ?

カウンターには木製のまな板のようなオブジェが吊り下げられていて、自宅にも欲しいなと思ってしまいました。

天井の照明

テーブル席の天井に吊り下げられた照明、周囲が円形になっていてよき感じでした。

ソファー席

2回目の帰宅(入店)時はカウンター席ではなくソファー席に座りました。
ソファー席はゆったりしていて気持ちよく過ごせます。

ソファー席

隅のソファー席に座っていたので、お客さんがいない席を撮ってみました。
アクリル板も設置するなど、コロナ感染対策も行われています。

リバティの過ごし方

リバティでの過ごし方

リバティは2021年8月22日(日)に行きました。

元々は予定していなかったのですが、フォロワーの陸遜(りくそん)さんからDMが来てお誘いを受けていくことになりました。
リバティにのメイド、りりあさん、うみさんも会いたいと伝言がありました。
お二人は以前勤務されていた店舗で顔見知りだったのです。

夕方17時半にリバティの入居するビルの前で合流、さっそく入店しました。

カウンター席には1名、テーブル席は3名の方が座って過ごされており、メイドのりりさんは休憩で食事していました。

お給仕していたのは、以下の3名のメイドさんです。

■まゆさん(https://twitter.com/yunyun29)
 ※リバティーのオーナーさんです

■リリアちゃん(https://twitter.com/RiRi_0xxx)

■うみさん(https://twitter.com/umi_umi131)

 私と陸遜さんは、カウンター席に座り、まゆさんがオーダーをとってくれて私はポットティー紅茶(600円)と手作りおろしハンバーグプレート(900円)を注文。

メニューの部分でも紹介していますが、紅茶はポットティーでダージリンかアールグレイのみでした。

紅茶やコーヒーでのこだわりはまだないのか、これから増やしていくのかわかりませんが、クラシカルなメイドカフェなので、
メイドさんのオリジナルティーとかあるといいな、また紅茶やコーヒーの豆の種類も増えたらいいなと思いました。

しばらくは陸遜さんと会話しながら店内を見ていましたが、とても落ち着いた感じで居心地が良かったです。

メイドさんが着用しているメイド服は3種類あり、どれもが白と黒色を基調としてクラシカルなデザインでした。
ロングメイド服とショートスカートのメイド服があるのもいいなと思いました。

メイドさんはお給仕の合間にお客さんと会話していて、皆さん楽しそうに過ごされていました。

もちろんコンセプトカフェのようにずっとお話と言うわけにはいきませんので、一人になる時間もそれなりにあります。
そういう時は読書をして過ごす人もいました。

私と陸遜さんは、リリアちゃんやうみさんともお話し出来きて楽しい時間を過ごすことが出来ました。



手作りおろしハンバーグを食べてみて

お腹が減っていたのでフードメニューを注文してみましたが、木製のプレートにサラダとライス、ハンバーグが載って出てきました。
ハンバーグは美味しくて、ペロッと食べてしまいました。
量も多くなくてちょうどいいぐらいだと思いました。
この日はハンバーグがこれでラストだったので、食べることが出来て良かったと思いました。

ウニ乗せバージョンのネギトロ丼(21年9月12日)

21年9月12日(日)までの提供だったウニ乗せバージョンのネギトロ丼を食べましたが、サラダもあって美味しかったです。
ウニの生臭さもなくて、すっと食べることが出来ました。

バターチキンカレー(21年9月23日)

21年9月23日の夜にいただいたバターチキンカレーです。写真は、別途100円追加し大盛りにしています。カレーが美味しくてまた食べたくなります。

メイドさんとの思い出

メイドのリリアさん、うみさんと思い出としてチェキの撮影を行いました。
なおチェキのアップについては、メイドさん本人より許可済です。

powered by crayon(クレヨン)