G-1NVC9RE5V5

奥の魔の案内

奥の魔のイベント情報

未定

奥の魔の最新情報

2022年1月21日からのまん延防止等重点措置が東京都にも適用されたことにより営業時間が下記の通り変更となっています。

奥の魔とは

奥の魔さんは、東京都文京区湯島にて2021年8月27日にオープンしたメイドさんがいるCafeBarです。
お酒にこだわりがあるお店ですが、オープン情報を公式Twitterを拝見していてお酒が飲めない方でも居心地よい店になっています。


公式ホームページ:https://okunoma-1.jimdosite.com/
※奥の魔さんの場所(地図)、システム、メニュー、募集要項があります。

公式Twitter:https://twitter.com/oku_no_ma
※奥の魔さんの最新情報はこちらをご覧ください。イベント情報、キャスト出勤情報などはこちらで確認してください。


(補足)
ここで紹介させていただいている画像は、奥の魔のオーナー様から使用許可をいただいております。

■住 所:東京都文京区湯島3-42-9 ソワレ・ド湯島ビル2階

奥の魔を紹介しているホームページ・ブログ

メイドカフェ、コンセプトカフェの体験記事を複数の方が担当して編集している情報系ブログです。
ここをクリックするとメイドポータルZさんのサイトに遷移します。
https://maidcafe-portal.com/2021/08/22/5567

店舗案内

店舗外観外観

店舗が入居しているビル外観です。

店舗外観ビル正面入口

店舗は、JR御徒町駅と地下鉄千代田線湯島駅の中間ぐらいに位置し、秋葉原からも徒歩15分という至近距離にあります。

店舗入居ビル階段

店舗が入居する2階に上がる階段の画像です。

2階奥の魔の玄関

階段上がってすぐに奥の間はあります。看板は出来上がっていてオープンが待ち遠しいと思いました。

メイド服の紹介

奥の魔さんのメイド服は、秋葉原にあるオリジナルメイド服を専門にデザイン、製造、販売している「キャンディフルーツ」さんでオーナーさんの要望を取り入れたセミオーダーとなっています。

種類のメイド服

メイド服は濃い紫色と黒を基調とした落ち着いたデザインとなっており、半袖・ショートスカート、長袖・ロングスカートの2種類が用意されています。

メイド服(座った状態)

座った際の画像ですが、ロングメイド服のスカートもゆったりした感じでいいですね。

奥の魔の魅力

21年12月の忘年会でのこと

2021年12月11日(土)に秋葉原にてtwitterで交流しているフォロワーさん5名と共に忘年会を開きました。
秋葉原からで1次会、東京都文京区湯島に移動し更に2次会、3次会でメイドカフェを巡りそのあと奥の魔さんを訪問。
奥の魔では、キャストのめめさんのバースデーイベントが行われていましたが、幸いお客さんが少なくて入ることが出来ました。
奥の魔さんは、カウンター席とソファー席があって10名程度が入れるお店です。
私達は、ソファー席に座り、一時間ほど滞在しました。
キャストはめめさん、しろなさんが出勤していました。

奥の魔さんは、居心地がよくゆったりと過ごせてコンカフェによくあるような騒がしさもなく静かに過ごすことができます。
チャージ+1ドリンクか飲み放題を選択できるのも魅力です。

他のお客さんが出発したあと、オーナーさん、しろなさん、めめさんを囲んでの座談会のような感じで色々と語り合うことができました。
キャストさんも自然体で気さくに話しかけてくれるし、店内の照明の明るさもほどよく居心地がよかったです。

フォロワーさんの中には初め手の来店の方もいましたが、気に入ってくれて、忘年会のあとも連日通ったりしてくれています。

お酒が飲めなくてもソフトドリンクで十分楽しく過ごせますし、キャスドリなくても皆さん笑顔で会話もしてくれてこちらが申し訳ない気持ちになってキャスドリを入れることが多いです。

コンカフェが初めての方でも安全、安心して過ごせますし明朗会計なのでおススメしたいです。


奥の魔のくろみさん

奥の魔は、オーナーさんの趣味でサンリオのキャラクター、くろみちゃんのグッズを多数飾っています。
キャストさんの中にはくろみちゃんが大好きな方もいますので、くろみちゃんが好きな方は話しやすいのではないでしょうか。
オーナーさんも時々店内にいますので、くろみちゃんへの愛情が深い方なので、くろみちゃんを話題にお話しても楽しいですよ。

powered by crayon(クレヨン)